B 間違わないお薬選び

薬についてちゃんと知らないと怖くないですか?

Wednesday, September 10, 2008

睡眠薬の種類

睡眠薬は略して眠剤、正式名称を睡眠導入剤といい、不眠症やうつ病などで眠れない人に、医師から処方される薬である。最近では市販薬としても睡眠改善薬が薬局・薬店で販売されており、一時的な不眠症状の緩和などの際に気軽に利用できる。ただ睡眠改善薬は一過性の不眠の場合のみに使用すべきであり、一週間以上不眠が続くようであれば病院に行き、睡眠薬を処方してもらう必要が出てくる。


睡眠薬は、作用の持続時間によって、超短時間型、短時間型、中間型、長時間型の4つに分類される。超短時間型・短時間型は入眠困難や、寝付きの悪いときに使われる。中間型や長時間型は入眠困難に加え、早朝覚醒など、睡眠があさい状態が長く続く人に用いられる。そのほか、うつ病などが原因の不眠には、精神安定剤などが用いられることも多い。


睡眠薬は習慣性になる、翌日まで薬効が続き日常生活に支障をきたすなど、副作用が出る場合もあるので、必ず医師の管理の下で使用すべき薬のひとつである。


即日払い バイト

Monday, June 30, 2008

睡眠薬とは

睡眠薬は、睡眠導入剤と呼ばれ、寝つきの悪さや、眠りの浅さを改善する薬です。
睡眠薬というと、依存してしまう、大量に飲むと死んでしまうなどの不安を感じる人が多いと思います。

最近の睡眠薬は、依存や危険性の少ない薬が開発されていて、1万錠くらいまでなら一度に飲んでも死なないようです。

致死量になる前にお腹がいっぱいになってしまいますね。
睡眠薬は、長時間効くもの、入眠時のみ短時間効果があるもの、早く目が覚めないようにゆっくり効くものなど、睡眠障害の状態によってさまざまなタイプがあります。


よい睡眠が取れないと、体の疲れが取れないだけでなく、感情が乱れたりして精神的にまいってしまいます。
薬局でも睡眠薬に近い働きの薬が売っていますが、数回飲んでも改善しない場合は、病院で受診し、効果的な治療を受けてみましょう。

爪水虫 塗り薬もあるんですね。 爪水虫は一般的には飲み薬でないと治らないといわれていますが、どうなんでしょう。

Wednesday, September 06, 2006

薬剤師とは

薬剤師は、薬剤師法という法律で定められた、医薬品の提供や薬事衛生を管理し、国民の健康な生活のための職業です。

薬剤師は、医師の処方どおりの薬を患者に調剤したり、薬や服用方法について説明することで患者の健康に役立てます。  

医師と患者の間に立ち、患者の体質や服用歴などから、医師が処方した薬が有効で安全かを監査し、不適切と判断した場合は修正を促すといった大切な役割もこなします。
最後の砦です。

というのも、最近、医療過誤などが頻繁にニュースにとりあげられ、電子カルテなどの登場で現場はシステム化され、効率とミスを減らす手間のバランスが難しくなってきています。

そこで、薬剤師も、機械的に調剤して薬を渡すのではなく、患者の状態を観察し、話をし、説明するプロセスがとても重要性を増しています。
最近は病院で処方箋を薬屋にもっていっても、薬剤師がどんな症状なのか聞いてきます。


薬剤師が薬の監査をしたり、患者と接することにより、医師の指示ミスはもちろん、入力ミスやシステム的なエラー、新規に発表された副作用などに気づき、安全な医療を提供することができるようになっています。
しかし、病気のとき、いちいち問答されるのは結構つらいんですよね。

test

test